わしや歯科医院 医院案内

 

e-maxは、世界最先端のセラミック材料です。

 

e-maxは、世界最先端のセラミック材料です。

わしや歯科医院で導入しているe-max(イーマックス)は、世界最先端のセラミック材料です。

その優れた特性、比類なき多様性と柔軟性を持ち合わせた独特な製品として高く評価されており、体への負担が少ないこと、審美性を提供します。

また、e-maxは、柔らかすぎず、硬すぎないといった特徴があり、強い力が加わった時に、自分の歯を痛めません。
歯の寿命を延ばし、むし歯による再治療になりにくいのも特徴です。

 

こんな方におすすめ

虫歯治療後を目立たず自然に、そして美しい歯にしたい。

金属アレルギーが気になる

 

メリット
  • 透明感が高く、天然の歯に近い色味で、自然な仕上がりになる
  • 金属を使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーになる心配がない。
  • 唾液を吸収しないため、変色と口臭の原因になりません。
  • 口元に自信が持てる。

 

デメリット
  • 金属の詰め物と比べると耐久性はやや劣る
  • 透明感が高いため、元の歯の色などの影響を受ける
  • 歯を削る量が金属の被せものよりも多い
  • 極度に強い力が加わると、稀に割れたり欠けたりする事もある

 

詳しくはスタッフまで気軽にご相談ください。

 

 

口腔内スキャナーを導入しています

 

わしや歯科医院では、セラミック治療の型取りをほぼ口腔内スキャナーを用いて行っています。

口腔内スキャナーとは、小型カメラで連続撮影を行いコンピュータ上で立体画像を再現する機械となっています。

 

口腔内スキャナー

 

患者さんのメリット

型を取るときの不快感が少なくなります

短い時間で型取りを終わらせることが出来ます

型取りをするときの独特の味や、匂いがなくなります

 

歯科用CTを設置しました。

 

歯科用CTとは、Computed Tomographyの略で、画像診断の上で欠かせない検査の一つです。

わずか12秒のフルスキャンで360度回転CT撮影ができ、より正確な診断に役立つ高精細な3D画像の取得(保険適用)が可能となりました。
また、撮影時間が少ないので患者様の負担も軽減します。

CT導入により治療の診断が向上します

CTでは、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、 神経の位置把握、さらに骨密度の診査にも利用できます。
立体画像で状態を確認できますので、患者さんにとって安心、納得の治療が行えます

インプラント

インプラントの術前検査、埋入位置の確認、術中、術後評価 =より精密な治療をすることができます。

親知らずの抜歯

親知らずなどの埋まっている歯の位置確認 =埋まっている歯も的確に抜くことができます。

歯周病の診断

CT導入により、目には見えない歯の根っこの先までの状態を 的確に把握することができ、今まで以上に精密な診断が可能になりました。

CADCAMシステムを導入

CADCAMCAD/CAM冠は,物性の安定したハイブリットレジンブロックをコンピュータで制御して削りだして作製されるもので,従来と比較し強度が増しています。

 

往診車両完備・入院病室施設完備

 

わしや歯科医院 医院イメージ